シリコンとノンシリコンのデメリット

シリコンのメリットを確認したうえで、デメリットはどうでしょうか。
シリコン成分の役割は、メリット部分の「コーティング力」です。
傷んだ髪の補修をすることはできません。
さらに、シリコンは、キューティクルの整った、健康な髪によりくっつきやすい性質をもっているため、カラーリングやパーマなどを繰り返すなど、かなりダメージを与えてしまった場合は、シリコンのコーティング力そのものが発揮されないことがあります。
また、シリコンでコーティングされた髪は、カラーやパーマが入りにくかったり、すぐに取れてしまうということがあります。
また、シリコンが入っているということは、シリコンで髪をコーティングすることが必要になってくるほど、強い洗浄成分、つまり合成された科学的な物質が、そのシャンプーに含まれている、ということになります。
つまり、シリコンでその科学的で強力な洗浄作用をカバーしているので、そのシャンプーを使い続けることで、頭皮や毛髪に刺激や負担をかけてしまい、人によっては、頭皮環境を悪化させてしまう原因にもつながってしまう可能性もあるということです。