髪によい成分とは?

科学物質を使用したシャンプーは、いろいろなリスクをはらんでいることが分かります。
では、髪によい成分ってどんなものなのでしょうか?
「髪と近い成分の弱酸性で洗おう」などという言葉は、シャンプーのCMなどでよく聞きますよね。
ということは、やっぱり髪と近い成分で洗うことがよいのでしょうか。
調べてみると、髪と頭皮に一番負担が少なく、やさしく洗い上げることができるのは、「アミノ酸系」のシャンプーだそうです。
たんぱく質でできている、つまり、自然の成分が使用されているシャンプーですよね。
石油系のような、科学物質を使用したシャンプーでは、髪のダメージを直すことは、実はできないといわれているそうです。
コーディング剤や、髪の表面を滑らかにする成分のおかげで、髪がきれいになったと、勘違いしてしまうのですよね。
傷んだ箇所を補修するには、その傷んだ部分と同じ素材が必要mということは髪でなくても、イメージできますよね。
つまり、髪も、ダメージを補修するために、髪と近い成分であるアミノ酸が含まれている天然由来のシャンプーで、傷んだ部分を補修できるというわけです。
頭皮にも近い成分のため、負担や刺激が少なく、使い続けるほどに、頭皮の環境を整えることができるので、結果としてそれが健康な髪に導いてくれるということです。